腰痛治療 脊柱管狭窄症 手術

腰痛治療 −脊柱管狭窄症の手術−

腰痛がひどく排泄障害の症状がある、
重症の脊柱管狭窄症では、
治療方法のひとつとして手術をすることもあります。

 

また、保存療法で思うように腰痛が改善されない時にも、
手術が選択されることがあります。

 

脊柱管狭窄症の手術には数種類の方法があります。
この手術の基本的な方法は、狭くなった脊柱管を広げることですが、
腰の痛みの度合い、特に痛い場所はどこなのかにより、
それぞれに合った手術方法が適用されます。

 

手術しなければいけないくらい重い脊柱管狭窄症では、
やはり難易度の高い手術ができる脊椎治療専門の
整形外科で診察してもらうことがおすすめです。

 

腰痛は多くの人が患っており、年令によるものだと
つい放置しがちですが、脊柱管狭窄症みたいな
疾患があることも考えられます。

 

ですから早いうちに専門医に診てもらい、
原因を探ることができれば、治療も早く始められますし、
手術せず保存療法で良くなることもあります。

 

発見が遅くなればなるほど重篤になることもあり、
手術しないといけないくらい治療が難しくなることもあります。

 

手術しなければならないほど痛みやしびれがひどいと、
例え手術を受けたとしても、症状が残ることもあります。
※軽い腰痛、下半身の麻痺、しびれなどの神経症状です。

 

また、術後に安静にしていても、
再度、痛みなどが出てきてしまうこともあるようです。

 

ですから、脊柱管狭窄症は早期発見、早期治療が大事です。
保存療法を試してみて、すぐに改善できないからと
適当にするのではなく、しっかりと真面目に取り組むことが大事です。