腰痛治療 脊柱管狭窄症

腰痛治療 −脊柱管狭窄症−

ひどい腰痛で悩み、専門の病院を受診したとき、
脊柱管狭窄症かもしれない場合は、
X線検査、CT検査、MRI検査などで診断します。

 

上記の検査で、腰痛の根源である
脊柱管の状態をしっかりと検査します。

 

ほとんどの場合、まずX線検査をしますが、
これだけでいい場合もあれば、もっと細かく調べる為に、
CTやMRIで調べることもあります。
それでも疑わしければ造影剤を使う事もあります。

 

脊柱管狭窄症を疑う一番の要因は間欠跛行で、
その傾向がある場合は、同じ症状が出る
閉塞性動脈硬化症ではないかをチェックします。

 

検査結果でその症状にあった治療方法が適用されます。
脊柱管狭窄症を治療する方法は、保存療法、薬物療法、
理学療法、装具療法、神経ブロック、硬膜外ブロックなどがあります。

 

重度の腰痛の場合で、排泄に障害が出るまでひどい場合は、
手術での治療も選択肢に入りますが、
腰痛やしびれなどの症状が軽い場合は保存療法が適用されます。

 

保存療法では、正しい姿勢で過ごしたり、
簡単な運動をするなどの方法で症状の軽減を図ります。

 

同時に、痛み止めの内服薬、湿布、外用薬の処方、
痛みのある部分を温める、超音波、索引などで、
今ある症状を緩和する理学療法などで対処することもあります。

 

その他にも、状態によってはコルセットで固定する装具療法、
神経ブロックという注射で痛みを防いだり、局所麻酔薬の注射で、
腰痛やしびれなどを軽くする治療を試すこともあります。