腰痛 脊柱管狭窄症 原因

腰痛になる脊柱管狭窄症の種類と原因

ひどい腰痛で悩んでいる人は大勢いますが、
その原因が脊柱管狭窄症の時は、
痛みが出る原因をはっきりさせて治療することが大事です。

 

脊柱管狭窄症は、2つの種類が考えられます。
ひとつめは神経根が圧迫される場合、
ふたつめは馬尾という神経の束が圧迫される場合です。

 

それぞれ症状が違います。
腰が痛い、下半身がしびれるといった症状は同じですが、
馬尾によるものの方が、症状が重くなることが多く、
時には排泄に支障をきたすことがあります。

 

また、力が入りにくくなったり、すべり症と言われる
腰椎が離れる状態と同じ症状がが出現することも多いようです。

 

脊柱管狭窄症が起こる原因は、
脊柱管の幅が狭くなることで、
中の神経が圧迫されて起こります。

 

脊柱管が狭くなる要因として考えられるのは、
先天的に脊柱管が狭い場合もあれば、すべり症、
椎間板ヘルニアなどを起因とする後天性のものもあります。

 

また、腰椎の手術による外傷で発症したり、
老化により変形して発症することもあります。

 

脊柱管が狭くなると様々な症状が出てきます。
それは中にある神経や血管に負荷がかかることで起こります。

 

腰痛や、しびれが主な症状ですが、
加齢によって出現する症状と同じようなものが多く、
見分けがつきにくいので、そのままにしてしまうことも多いようです。

 

このような症状があった場合は、
年令のせいだとの思い込みは禁物です。

 

はっきり原因を追究し治療することで、
腰痛などのツライ症状を軽減することができます。

 

また、最近は若年層にも同様の症状が見られるようになり、
ただの腰痛だろうと見過ごされて悪化することも多いようです。