腰痛 脊柱管狭窄症

色んな腰痛 −脊柱管狭窄症−

脊柱管狭窄症は、文字通り腰の脊柱管が狭くなり、
その中にある神経に負担がかかることで、
腰痛やしびれなどを引き起こす症状です。

 

この症状は中高年になって発症することが多く、
つい年齢によるものかなと考えがちです。

 

しかし、原因がハッキリしている腰痛の場合は、
ちゃんと治療することで良くなるので頑張りましょう。

 

脊柱管狭窄症で見られる主な症状として、
「間欠跛行」というものがあります。

 

腰が痛いことで長時間歩行することが困難で、
途中で休みながらでないと歩くことができない状態をいい、
これが脊柱管狭窄症の大きな特徴です。

 

他にも直立することが辛く、杖やカートなどで
少し前傾姿勢を取ると歩くのが楽になるのが、
この病気の特徴でもあります。

 

これは負担がかかっている神経部分が、
前かがみになることで緩み腰痛が軽くなるためです。

 

脊柱管狭窄症は、神経のどの部分に負担がかかるかで、
痛みや出現する症状が違います。

 

まず神経根を圧迫している時の症状ですが、
腰の痛みに加え、足のどちらかに痛みが出ます。

 

馬尾を圧迫している時は、上記の場合より、
痛み、症状とも重症になることが多いようです。

 

その症状としては、しびれ、麻痺感、脱力感などで、
時には排泄障害を伴うこともあります。

 

そして神経根、馬尾の両方を圧迫しているタイプは、
混合タイプと呼ばれ、当然両方の症状を引き起こします。

 

どちらにしても素人判断はいけません。
上記のような症状が現れたら、
早目に専門外来で診察を受けましょう。

 

安易な考えで民間療法を試すと、
病気が悪くなることもあるので要注意です。