腰痛治療 椎間板ヘルニア 手術の種類

腰痛治療 −椎間板ヘルニアの手術の種類−

ひどい腰痛を引き起こしてしまう
椎間板ヘルニアでの治療方法は、保存療法が一般的ですが、
症状の重い場合などは手術になることもあります。

 

椎間板ヘルニアは、長期間でみると、
保存療法をすることで、ほとんどの場合は完治します。

 

しかし、保存療法をしても治らない時や、
重度の腰痛により耐え難い場合は、
手術での治療が選択されることがあります。

 

椎間板ヘルニアの手術には何種類か方法があります。
ひとつは、レーザーを使った方法です。
この方法は、完全に皮膚を切る必要がないので人気があります。
メスで切るのではなく、針を挿入してレーザーを当てて治療するのです。

 

しかし、まだ一般的ではない治療方法なので、
保険適用外になり、医療費は30万円前後と高くなります。

 

ただ、手術時間も短く日帰り手術することもできるので、
費用が高くても相応の方法とも言えます。

 

また、ラブ法と呼ばれる方法もあります。
こちらはメスで切開して直接ヘルニアを取り除きます。
この方法は以前より取り入れられている一般的な方法で、
確実な方法ですが、入院する必要があるので負担も大きくなります。

 

その他、背中の方から内視鏡や顕微鏡を挿入して、
ヘルニアを摘出する方法や、背中の方から管を挿入し、
X線で確認しながら摘出する方法もあります。

 

さらに、手術で患部を金具で固定する方法もあります。

 

保存療法で腰痛治療をしながら完治を目指す人の中には、
手術をして早く楽になりたいと願う人もいるようですが、
治療方法はドクターとしっかり相談して決めることが大事です。

 

実際に経験してみないとわからない、しびれや腰痛になる
椎間板ヘルニアは、完全に治癒するまでには、
ちょっと我慢することも必要になるかもしれません。