腰痛治療 椎間板ヘルニア 保存療法

腰痛治療の種類 −椎間板ヘルニアの保存療法−

腰痛の中でも椎間板ヘルニアは痛みが大きいので、
なるべく早期に治してしまいたいと思っている人が多いようです。

 

手術でしか完治しないこともありますが、
普通は手術はせず、保存療法を選択することが多く、
大体患者の8割から9割は、この方法で良くなるようです。

 

保存療法といっても何種類か方法があります。
索引、硬膜外ブロック、安静にするなどが、
病院で実際に行われる治療の方法です。

 

病院によって治療方法の選択が違うので、
自分に合う保存療法を行う病院を探すことをおすすめします。

 

また、ドクターの治療方針に素直に従うことで、
治療効果も変わってくるものです。

 

上記の保存療法を含め、一般的に行われている
治療の内容を確認してみましょう。

 

索引は、骨盤を伸び縮みさせることで、
腰痛を引き起こす原因の筋肉をリラックスさせる効果があり、
特に腰が激しく痛んでいる人には効果がある方法です。

 

これは骨盤を伸ばすことで、
直接椎間板にかかる負担を軽減させて、
症状を緩和させ進行を遅らせることができます。

 

温熱療法は、接骨院などでもよく実施される保存療法です。
腰を温めることで血行をよくし、腰の痛みをやわらげます。

 

低周波を使った治療も接骨院で多い治療法です。
低周波を出す機械を患部につけて、
筋肉に電流を流して刺激して痛みを緩和します。

 

その他、神経ブロックという方法もあります。
神経が流れる部位に痛み止めの注射をします。

 

このように、椎間板ヘルニアの治療は、
直接的な手術より、まずは腰の痛みを緩和して
症状がよくなるのを待つ方法が多いようです。