腰痛 種類 椎間板ヘルニア

腰痛の種類−椎間板ヘルニア−

腰痛になるのにはいくつもの原因があります。
その中でもよくある原因としてあげられるのが、
「椎間板ヘルニア」だと思います。

 

この椎間板ヘルニアの原因は、
腰にあると思っている人が多いですが、
実は坐骨神経痛が原因で腰が痛くなっているのです。

 

椎間板は衰えていくスピードが早く、
なんと20代の若者でも症状が出てくることもあります。

 

同じ姿勢で仕事を続けている人、
オフィスワークで椅子に座りっぱなしの人、
逆にずっと立って仕事をしなければいけない人に多いです。

 

椎間板ヘルニアの一番の問題は、激痛があることです。
悪くなると坐骨神経を圧迫するので、
自力でトイレに行けないこともあるほどです。

 

直立すると腰が痛いので、
常に腰を曲げていないと歩くことさえままなりません。

 

また腰からつま先にかけて痛みとともに、
しびれを伴う事もあります。

 

椎間板ヘルニアは、椎間板の中の髄核という部分が、
飛び出てしまう事を言うのですが、
その症状や度合いによってタイプが分かれます。

 

髄核が全て飛び出してしまうもの、
髄核の一部が切断されてしまうもの、
圧迫により負担がかかる髄核と繊維輪部分が、
炎症により腫れてしまうタイプです。

 

普通に生活している中で取っている姿勢が、
急につらいなと思ったり、歩いていると痛みや、
しびれがある時は、要注意です。

 

また、足を上げるのが難しい、
足に触れてもほとんど何も感じない時も注意が必要です。

 

どちらにしてもたかが腰痛とそのままにせず、
何が原因なのかを追究することが大切です。