脊柱管狭窄症 痛み 軽減

脊柱管狭窄症の痛みを軽減させる方法

脊柱管狭窄症の一番の症状は、ひどい腰痛やしびれです。
腰痛がひどいと、日常的な歩行にも影響し生活にも支障をきたします。

 

年を取ることで、腰痛が引き起こされることも多々あり、
年令のせいかと思って、専門医に診てもらうこともせず、
そのままにしてしまうことも良くある話ですが、
脊柱管狭窄症をはじめ、重篤な症状を引き起こす疾患が原因で、
腰痛やしびれなどが出ている場合には、早期発見、早期治療が鉄則です。

 

脊柱管狭窄症と言っても、
手術しなくてもいいほどの軽い症状の場合、
リハビリを続けることで症状を和らげていくことが大切です。

 

症状が軽くなると同時に、症状の進行を遅くすることもできます。
腰痛などを軽くする方法は数種類ありますが、
どの方法も普段の生活で気を付けていれば可能なものばかりです。

 

それは腰に負担をかけないようにする、毎日少し運動する、
太らないような食生活にするなどで症状がかなり良くなるのです。

 

日々の生活で無理をしない程度のことを心がけてみましょう。
脊柱管狭窄症での腰痛を改善するには、
少しだけ前かがみの姿勢がいいようです。

 

逆に腰を反ると負担が大きくなり、腰痛も悪化するので、
杖やカートなどで補助したり、でかけるときは自転車を使うといいでしょう。

 

夜寝る時も、腰が反る姿勢(仰向け)で寝ないようにします。
仰向けじゃないと眠れない人は、クッションかバスタオルを
膝の下に入れておくと、腰への負担を減らすことができます。

 

同じ姿勢を長時間続けたり、腰をひねることも、
腰には負担になるので、日常生活の中でも注意が必要です。